研修でリーダーは育つ?二つのアプローチを考えよう!

リーダー研修には二つのアプローチがある

リーダーを育成するのは多くの企業で大きな課題として掲げられています。優秀なリーダーが現場にいることでメンバーたちのモチベーションも向上し、個々の社員が本領を発揮できるだけでなく、チームとしてより大きな役割を果たせるようになるからです。しかし、リーダーとして適任者を探しても現場にいないこともよくあります。そのため、リーダー研修を通して育成することが目指されるようになりました。

リーダー研修には大きく分けると二つのアプローチがあります。一つは既にリーダーポジションにいる人の教育を実施して成長させる方法です。リーダーとして働く経験をしているので実践的なスキルを磨きやすいのがメリットです。もう一つは未来のリーダーを育成する方法です。メンバーの立場からどのようなリーダーが優れているかを考えられるため、将来的に現場をけん引する優秀なリーダーになる可能性が切り開かれます。どちらのアプローチでリーダーを育成するのが良いのでしょうか。

新しいリーダーを育成しよう

二つのアプローチにはそれぞれメリットもデメリットもあります。しかし、長期的な視野で研修を実施するなら新しいリーダーを育成するのが適切です。メンバーの立場の人がリーダーの役割を理解すると、リーダーがメンバーを指揮しやすくなります。リーダー研修を受けたメンバーに囲まれることで、現在のリーダーも仕事をしやすくなるのです。そのため、自然に現在のリーダーも教育されて成長していくのがメリットです。

社員教育とは自社の社員が滞りなく仕事が出来るように教育することです。実務は勿論のこと、会社の歴史や理念を理解してもらい、愛社精神を育てるような教育が会社にとっても社員にとっても重要です。