スマホが水没!そんな時の正しい行動とは?

むやみにスマホを動かさない

スマホが水没すると、慌てて内部の水を出そうと激しく振ったり再起動してみるなど色々と確認しがちです。しかし、これらの行動は全て間違っているので避けなくてはいけません。まずスマホを振ると水が満遍なく内部に行き渡ってしまう可能性があります。本当は大丈夫だったのに、振ったことが致命的となって故障するかもしれません。何とか水を出したいという気持ちは分かりますが、逆に動かさない努力が求められます。再起動も禁物で、電気が内部の水を通って更に壊れる可能性があります。水没しても画面が無事な場合は軽症ですが、通電したままだと危険です。なるべく日光の当たる場所にスマホを置いて、自然乾燥させると良いです。

業者に修理を依頼する

次に、業者に修理を依頼することになりますがまずはそのスマホを契約した会社で修理を依頼するのが普通です。スマホが水没するのは緊急事態ではありますが、だからと言って優先してもらえる訳ではありません。きちんと予約をして来店しないと、特に休日で忙しい時は満足に対応してもらえない可能性があります。お店には修理だけでなく新規契約や機種変更の方もいるので、その辺りの理解は必要です。非正規の修理店に修理依頼をするのも一つの手段です。修理料金は安い場合が多いですし、混雑していなければすぐその場で修理してもらえる可能性もあります。しかし、一度でも非正規店で修理をすると保証外のスマホになります。保証外だと無料サービスなどが受けられなくなるなど、デメリットが多いです。

スマホ修理は、現行販売機種なら確実に修理対応を行っています。古い機種になってしまうと部品が手に入らない事があるので、修理を受け付けてもらえない事もあります。