iphone修理って自分で出来るの?プロが行う修理の方法

iphoneが水没したときの修理方法

色々な状況でiphoneを水没させてしまった場合、街のiphone修理店ではどのようなことをするのでしょうか。結論から言うと修理方法については企業秘密の部分が多く詳しくはわかりません。しかし修理店の水没修理というのは、そのほとんどがiphoneの中のクリーニングをするようです。例えば水没によって中の基盤自体がショートして壊れている場合に、その基盤を復活させてくれるわけではありません。水没修理の値段が書いてあるのは中のクリーニング代だと考えてよさそうです。

画面が割れた時やスピーカの交換方法

iphoneを落として画面が割れた場合は大きく3つの症状に分けられます。「ガラスのみが割れた」「ガラスと液晶両方が割れた」「液晶のみが割れた」です。それによって修理内容や費用が変わってきます。修理方法はいたってシンプルで、それぞれの症状によってガラスと液晶の交換をするだけです。また何かしらの原因でiphoneからの音が聞こえなくなったり、音割れがひどくなる場合があります。そんな時はスピーカーの交換が必要となり、修理店でのスピーカー交換は本体を分解してスピーカー部分の部品を交換します。

iphoneの修理は自分ではしない方がよい

ネットで検索すると自分で出来る色々なiphoneの修理方法が載っています。しかしiphoneに不具合が起きたら、いずれの場合も自分では修理しない方が得策です。しかし水没した場合はすぐに電源を切り、アクセサリー類とSIMカードを外してできるだけ自分で水分を取りましょう。絶対にしてはいけないことはiphoneを振ったり、ドライヤーで乾かしたりすぐに電源をいれたりすることです。内部に水が拡散したりドライヤーの熱で基盤が壊れたり、電源を入れることにより基盤がショートして壊れてしまう可能性があるからです。

iPhone修理は、民間修理業者に依頼出来るのはもちろんですが、端末補償サービスに加入していればiPhoneを販売する正規のストアに持ち込んで直す事も可能です。