マーケティングオートメーションを実感しよう!効果的な使い方は?

マーケティングオートメーションってなに?

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング活動を自動化して効率性を高める仕組み、またそのように自動化を実現するソフトウェア・ツールをいいます。マーケティングオートメーションを取り入れることで、人手では膨大な時間と手間をかけていた業務が自動化され効率的になることが期待できます。またマーケティングオートメーションが注目される理由のひとつとして、マーケティング機能を強化して行われる顧客に応じた営業手法が実現できることがあります。中でもリードナーチャリングは、新たな顧客管理の方法として企業の関心も集まっています。

リードナーチャリングの導入が鍵!その方法と効果とは

リードナーチャリングとは、様々な手法で獲得した見込み顧客(リード)に対して、定期的に接点を作りながら信頼関係を高め顧客のニーズを聞き出し、商談につなげる手法やプロセスのことです。このことからリードナーチャリングは、見込み客の育成ともいわれています。方法としては従来の電話や訪問、ハガキや印刷物送付に加えて、メールやリターゲティング広告またSNS活用も有効な方法とされています。またセミナーも顧客の関心を高める効果が期待できますが、顧客の離脱の可能性もあり慎重に行うことが求められます。効果としては、見込み顧客の流出を防ぐと同時に商談につなげることができることが挙げられます。またリードナーチャリングで顧客との信頼関係が構築されていれば、顧客からの依頼が来た場合確度が高いということも挙げられます。リードナーチャリングは将来の売り上げや商機につながる戦略として、重要なものといえるのではないでしょうか。

マーケティングオートメーションとは、企業が行うマーケティング活動において従来人手を使って行っていた定型的な業務などを自動化する事によって効率を高める仕組みのことを言います。