ホームページの作り方!大事なのは見る人を意識すること!

想定読者を考えてホームページを作る

ホームページには読んでほしい想定読者がいます。その読者に向けて、デザインや読みやすさを考慮して作ることが大事になります。想定読者が誰なのかを特定することから始めます。読者が分からない場合は、反響がある人を考えてみるといいでしょう。女子高生なのか、50代のサラリーマンなのかは作る内容によって分かります。また、読者からアンケートを取る方法も有効です。どんな人が読んでいるかを知るために、アンケートを実施します。真面目に答えてくれる読者であれば、ある程度の年齢層や男女比などを把握できます。これがホームページを作る有効なヒントになるのです。

デザインは読者に合わせる

想定読者が分かったら、デザインを読者に合わせることが大事になります。読者が50代のサラリーマンなのに、ピンクや赤が多いデザインでは読者に読まれなくなります。ホームページを開いて2秒で読むかどうかを判断しますので、勝負はその一瞬なのです。デザインは判断する材料として重要なポイントです。一瞬で目に入る情報では大きな役割を占めているからです。色や文字の大きさなどは想定読者の好みに合わせることが大事になります。無難なデザインでは誰にも見られない可能性があるからです。

イラストや絵の量を調整する

ホームページを作るなら、イラストや絵は必ず入れた方がいいです。文字だけでは、見にくいものになるでしょう。ただし、量は調節することが大事です。イラストばかりだと見にくい読者もいますので、調整して見やすいものを作りましょう。

ホームページ作成は、今やビジネスから私的なものまで様々な目的で行われており、専用のツールを使用したり業者に外注することで、特別なスキルを持たない人でも作業を進めることが可能です。